「声を磨く」ということは
発声発語機能を向上させ、話し方が好印象になり、
コミュニケーションを良好にしてくれます。
コミュニケーション不足で蔓延するストレス社会の弊害が問題化する昨今、
コミュニケーションの架け橋「声」は相互の信頼関係を構築していくうえで とても
重要です。
 日本のビジネスパーソンの8割が人前で話すことに苦手意識を感じている、といわれています。
そもそも日本の学校教育では「正しい声の磨き方・話し方」を教わることがなく、
自己流のまま大人になってしまっている、このことが起因しているのです。
 しかし、声磨きは単にコミュニケーション向上のためだけではなく、
口内環境の改善 ・嚥下機能向上・呼吸機能改善による健康増進、
脳の活性化・メンタルヘルス・美容やアンチ エイジングの分野で副次効果があり、
特にシニアのQOL向上の鍵を握っています。
 私たちは、「声磨き」は人生100歳時代を迎え、
誰もがいつまでも元気に暮らすために“介護予防”の分野に おいて、
今後大きな可能性を秘めていると確信しています。
 ですから、「声磨き」はお子様からご高齢の方まで老若男女、
声のお悩みを抱えコミュニケーション不足に悩むビジネスパーソンから、
生産性向上のための企業研修、子どもたちの話し方教育、
長寿社会における健康寿命の支援に至るまで、社会の様々な場面で必要とされています。

そもそもなぜ声磨き®が世の中から注目を集め始めているのでしょうか

<声磨きRが社会に求められる理由>

理由① コミュニケーション不足が蔓延するストレス社会の弊害に

そもそも声磨きRとはお子様からご高齢の方まで老若男女、声・話し方のお悩みを抱えコミュニケーション不足に悩むビジネスパーソンから、生産性向上のための企業研修、これからの世代の話し方教育まで、社会の様々なコミュニケーションシーンで必要とされています。
しかし日本の学校教育では自己表現ツールである「正しい声の磨き方・話し方」を教わることがありませんでした。「日本のビジネスパーソンの8割が人前で話すことに苦手意識を感じている」(日本生産性本部の調べ)、と言われています。体系的に話し方教育を受けていないから、どうすることが正しいことなのか分からないまま漠然とした不安が8割という数字が物語っています。
また、人と会話をしなくても買い物でも何でもインターネットがあれば済む便利な時代へと加速しています。
デジタルネイティブの世代が増加する一方で、リアルな人間関係をあまり体験せずに社会人になってしまった若者の人材育成が企業では急務です。

自分の考えを明確に表現する力を求める教育現場のシフトチェンジ
理由② 自分の考えを明確に表現する力を求める教育現場のシフトチェンジ

現在の学習指導要領では「自分の考えを明確に表現する力を高める」ことを目指しています。ですから、そのスキルを高めるための一つに、本来の自己表現ツールである「声・話し方」を磨き、伝わるコミュニケーションを小学校から教育することが重要でしょう。
英語の早期教育が過熱していますが、まずは母国語である「日本語」で、自分の考えを自分の言葉で話すことが出来るチカラを育む、という本質を見失ってはいけないと私達は考えます。

理由③ 「声」の時代がやってくる
理由③ 「声」の時代がやってくる

スマートマイクに代表されるように、日常生活のあらゆるシーンで音声操作の時代が到来します。
音は~ながらができる、という手軽さがあります。
また、字を書くよりも話す方が数段の時間短縮が出来ますし、文字よりも感情・温度感が伝わります。
ですから、近い将来はメールのやり取りがヴォイスチャット的なツールに移管していくと予測されています。

これから、声の時代がやってきます。

だからこそ、声のチカラで日本を元気にする声磨きRの先生は、社会の様々なニーズに合わせて無限の活躍の場が広がっているのです。


これから、声の時代がやってきます。|日本声磨き普及協会
これから、声の時代がやってきます。|日本声磨き普及協会
これから、声の時代がやってきます。|日本声磨き普及協会

声磨き普及協会について

 声磨きの素晴らしさを一人でも多くの方に広く知っていただき、
様々なライフシーンで声のチカラを享受していただきたい。
声のチカラで日本を、世界を元気にしたい!

こんな想いを形にするために、
2016年4月15日、「良(4)い(1)こ(5)え」にちなんで、
「一般社団法人日本声磨き普及協会」が設立されました。
声が変わればコミュニケーションが変わる。
コミュニケーションが変われば人生が変わる。
声を磨いてあなたらしい人生を。
声のチカラで日本を、世界を元気に!

一般社団法人日本声磨き普及協会は、資格認定制度を通して、声磨きインストラクターを
養成し、火が着き始めた声磨きムーブメントをインストラクターの皆様と共に広げ、
協会の理念であります「声のチカラで、老若男女が笑顔に、日本中が元気に」なれる
社会創造を目指して邁進いたします。

声磨きへのご理解並びに普及活動へのご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。

(一社)日本声磨き普及協会 代表理事 佐藤恵


講師紹介コーナー

栗田英理子

栗田 英理子

大手IT系企業ショールームの日本語、英語対応アテンダントとして勤務後、ショールームディレクタとして新人教育や施設運営にたずさわる。その後、研修講師として大学での就職活動講座や企業での新人研修、電話応対研修などに従事。

声の力で日本を元気に!というミッションのもとあらゆる世代の声磨きをお手伝いできたらと考えています。

大谷 真由美

大谷 真由美

(株)ワコールキャリアサービスインストラクター
(株)ワコール入社後、販売職、店長を経てセールス、教育担当を経験し現職に至る。
現在はスタッフ研修初め、人材育成に従事。

ゆっくりではありますが講座を担当させていただき、まずは実践経験を積んでいきたいと思います。講座終了時には受講生の方が、元気に前向きになっていただけるような講座を進行できるよう努めたいと思います。

木暮 真帆

木暮 真帆

専業主婦歴22年。
現在は主に高校生大学生へのキャリアコンサルティングを行っています。
5人の子供がいて、一番下の子は中学2年生になりました。

現在は学生を対象とした面接練習・カウンセリングを行っています。ただ、もっと幼い時期から、身体を鍛えるのと同じように意識して声を出すトレーニングをすることが大切だと気づきました。今後は、幼児とその保護者まで対象を広げて声磨きをお伝えしていきたいです。

宮崎 久和

宮崎 久和

教育出版企業にて、小学生からシニア対象の通信教育・出版・教室・アセスメント事業に関わり、特に日本語・漢字・コミュニケーションの分野で、大学など外部機関と連携し、様々なサービスを展開。現在は主に出版活動で顧客の課題解決をサポートしている。

現在の仕事に応用すると共に、将来的には健康増進をサポートする活動に繋げていきたいです。

中村良成

中村 良成

日本IBMにて、セールスからソリューションやアライアンスのマネジメントに従事し、2018年退社。

声磨きをベースとした営業力向上コンサルタントとして、多くのビジネスマンを助けたい。
また、セミナー講師として、高齢者の健康維持・向上にも役立ちたいと考えています。

日向 達

日向 達

通信会社で30年。主に広報、マーケティング部門に従事後54歳で役職定年。現在は関連会社に所属。

声磨き講座をベースとしながら、好感度をあげる、説得力、信頼感のあるコミュニケーションを確立するための研修など挑戦するビジネスパーソンの課題解決を支援する活動。

加藤 真梨子

加藤 真梨子

北海道札幌市出身。
大学卒業後、教育業界や小学校特別支援学級にて働いた後、音楽院に通うため上京。
トロンボーンや歌の演奏・講師活動を通して、「呼吸」の重要性に興味を持つ。
第一子妊娠中にも「呼吸」の有効性を実感している。
これからは育児と演奏活動を並行しながら、声磨きのインストラクターとしての活動を広げていきたいと考えている。

小さなお子様から高齢者の方まで、楽しんでいただきながら、声・発声についての苦手意識を克服していただけるよう、インストラクターとしての実践を積んでいきたいと思っています。

間瀬 凜

間瀬 凜

1994年早稲田大学演劇研究会を経て、劇団双数姉妹に入団。(2000年に退団)
1998年ナレーションマネジメントオフィス LIBERTAに所属。
現在までにTV-CMは100作品を超え、映画の予告、スポットは200超作品に携わる。
その他、アーティストのスポットや企業VP、ドキュメンタリー番組などのナレーションも担当。

ナレーターを続けながら、様々な年代の方の声のお悩み解消や健康増進、自分磨きのために貢献できるインストラクターとして活動を開始していきたいと思っています。

宮﨑 悦子

宮﨑 悦子

学習塾経営を経て、現在は有料老人ホームにて従事。
利用者向けレクリエーションでやる気を起こさせる題材提供に好評。
また、「郷土の偉人を広める会」の代表として、啓発活動に参画、公共機関での講座も担当。
時には、選挙アナウンスもこなす。

講師として、声に不安のある方やアクティブシニアを元気にしたいです。また、選挙アナウンスのための人材育成講座も開設してみたいです。

野田 敦子

野田 敦子

大手映像機器メーカー勤務の後、現在まで、イベントコンパニオン、司会、選挙のウグイス嬢、ラジオパーソナリティーなど務めています。
声楽を志す息子を持ち、音楽にも精通。声の大切さを日々実感しています。

人前で話すことが苦手な方や、声のことで悩んでいる方を明るく楽しく導きたいです。
美容や健康にも良い声磨きを、親子や主婦の方々を中心に広めていき、インストラクターとしての実績を積んでいきたいです。

田渕 恵美

田渕 恵美

公立の保育園 及び私立保育園の常勤保育士として15年間勤務。
子育てを経て保育士の夫と“安心して生活できる保育園を目指し”認可外保育園を設立。現在小規模保育事業A型に認可された保育園を経営し保育士として日々保育を楽しんでいます。大切な事を伝える保育士さん達の声を応援したいと思っています。

保育園のホームページにて声磨きの良さをアピールする。いずれは口コミにより興味を持つ人を集め講座を設ける最終的には市にも働きかけて講座の依頼を期待したい。